潜在意識の書き換えで顔が変わる?顔を変える意外な方法とは?

潜在意識の書き換えをすると顔が変わるという話を聞いたことのある人も多いかもしれません。

 

ただが潜在意識といっても意識を変えただけで顔が変わるなど完全なオカルトに感じる人も多いかもしれませんが、今回は潜在意識と顔との関係性について説明をしたいと思います。

 

潜在意識の書き換えと顔が変わる理由

 

潜在意識というのは自我意識のある大脳とはまた違う器官に位置する意識です。

 

いわばもう1つの意識ということで潜在意識という名称もなにか意味深でもあります。

 

潜在意識の脳波測定をすると特定の脳波の領域になると特に活発に機能をはじめることがわかっていますが、逆にいえば脳波を特定の領域にすると潜在意識にアクセスしやすくなるということでもあります。

 

潜在意識の機能や役割というのは

 

過去のすべての体験などの記憶をする

 

事実の記録という役割があり、意識や脳に矛盾が出ないような機能を持つ

 

過去だけでなく先の未来2年分あたりまでの情報をすでに持つ

 

脳のしわの数を数えると自我意識の数万倍もの機能を持つ

 

というようなものがメインになります。

 

そして顔というものも顔相という技術もあるように未来を示すわけですが、他にも手相といった手のひらも潜在意識と未来の情報を示すということで共通点があります。

 

たとえば顔の特定の箇所に吹き出物が出る、あざが出る、かゆくなるということは多くの人が経験しているかと思いますが、このときの潜在意識の周波数が共通しています。

 

つまり顔や手相というのも潜在意識の情報とリンクしているということがいえます。

 

そのため潜在意識を本当に的確に書き換えできれば顔も手も変わるというようになります。

 

逆に顔や手相が変わらない潜在意識の書き換えというのは実質的に効果のないものといって良いでしょう。

潜在意識の書き換えで顔を変える実際のやり方

 

潜在意識で顔を変えるといっても実際のやり方はどうすれば良いのかと思ってしまう人も多いかもしれません。

 

まずよくいわれる潜在意識の書き換えによる顔の変え方について紹介しますと

 

憧れの顔の写真を毎日見る

 

小顔になるなとアファメーションを行う

 

なりたい顔をイメージする

 

憧れの顔を持つ人のしぐさを真似する

 

なりたい顔を文章で紙に箇条書きしていく

 

一般的にはこのような5つの方法があります。

 

どうですか?自分にはできそうですか?それともこんな方法で顔が変わるはずがないと思ってしまいましたか?どちらも正解です。

 

自分にできそうと思えばこのような方法で理想の顔にどんどんと近づいていってください。

 

無理そうと思える人も安心してください。

 

実はこのページの最後のほうにもっとも潜在意識に簡単にアクセスし書き換えする方法も紹介していきます。

 

潜在意識の書き換えで顔はどの程度の期間で変わる?

 

上の方法を見ると要するにイメージ、アファメーションといった方法がメインなわけですが、およそ実際に顔が変わるまでの期間は1ヶ月とされています。

 

毎日行うわけで1ヶ月といっても結構大変ですが、持続力に自信のある人にはちょうど良い期間かもしれません。

 

ただし実際に潜在意識の書き換え前の写真も残しておいてほしいのですが、比較すると劇的とはいかないまでもそこそこ変化しているという人も出てくるかもしれません。

 

顔を変える潜在意識の書き換えでは思い込みも必要?

 

顔が変わったと人に言うと馬鹿にされるかもしれませんが、それで良いと思います。

 

潜在意識の書き換えもそうですし、引き寄せもそうですが、願望実現というのは現状をはるかに超えていかないといけません。

 

「常識的」「科学的」というのは手堅いものではありますが、変化を拒否し、否定するところもありますので、潜在意識の書き換えで顔を変えるというのも、そのほかの願望実現でもまったく根拠がなくても自分はできる、あるいは極端にいえばすでに顔は変わったというような完了形でなければいけません。

 

これは一見おかしな考え方のようにも思えますが、意識の現実的な話をしています。

 

潜在意識の書き換えで骨格も変わる?別人の顔になれる?

 

実は冒頭でもいいましたように潜在意識というのは未来と関係しているので、未来がきれいになると顔を変えようとしなくてもある程度顔は変わるようになっています。

 

顔の表情が明るくなる

 

顔のくすみ、しみなどが薄くなる、あるいは消える

 

というようなことは少なくありません。

 

とはいえ顔の骨格が変わる、まったくの別人のような顔になるというのは可能でもありますが、通常そう簡単ではありません。

 

しかし友人で数年会わないと顔が悪くなるという人もいるでしょうから、その同じだけのエネルギーをポジティブに向けられれば理論上は可能ではあります。

 

ただし後述していきますが、潜在意識の書き換えというのは技術的にはすごく精神力がいるものでもあるので、集中力がなければできないという人もいるでしょう。

 

潜在意識の書き換えで顔が変わらない人の共通点 集中力の欠如

 

潜在意識の書き換えで顔が思うように変わらないという人もかなり多いのではないかと思いますが、この最大の理由に集中力の不足があります。

 

イメージ、アファメーションで雑念、疑念が入ってしまっている

 

どこかで顔など変わらないと思ってしまっている自分がいる

 

上のほうでも記載しましたが潜在意識というのは事実しか入らない、定着しないという特徴があります。

 

雑念、疑念というのは事実ではないという解釈をされるので、潜在意識にはまず定着しません。

 

また自分には顔を変えるのはどこかで無理と思っていてもやはりそれは事実ではないので顔などは変わりません。

 

潜在意識というのは非常に実はシビアで、人並み外れた集中力や持続した努力なしに簡単に入るというものでもないというところがあります。

 

潜在意識の書き換えで顔が変わらない人の共通点 感情の欠如

 

潜在意識の書き換えというのは未来を変えるとどこかで思っている人もなかなか効果は出てこないといって良いです。

 

潜在意識というのは事実つまり現実化という意味がありますが、時制というのもありません。

 

つまり未来に顔がきれいになれば良いなというようなアファメーションや気分ではやはり潜在意識には定着しません。

 

たとえばみなさんも過去のトラウマの1つや2つは持ってしまっているかと思いますが、そのトラウマを再現するとドキドキしたり息が苦しくなるようなところはあるかと思います。

 

これはそのときに怖い、恐れるという強迫的な感情を伴い考えたので潜在意識が強い事実であると解釈したわけです。

 

そのため顔が変わるということでもただイメージをした程度で変わるのはレアで、現実にかなり近い感情を伴わないといけません。

 

憧れの顔の写真を見て今まさにこの顔になった感激、感動を掻き立てる

 

きれいな顔になった喜びを激しく持つ

 

ということでまるで役者のようなリアルな感情や演技が必要となるということです。

 

寝る前に顔を変える潜在意識の書き換えをするとより効果的?

 

顔を変えるための潜在意識の書き換えの方法は同じでもその効果は一日のうちどの時間に行うのかでも実は違いが出てきます。

 

朝起きてすぐ、昼、夜寝る前というような時間帯がありますが、結論からいいますと潜在意識の書き換えで最も効果が出やすいのは寝る前となります。

 

これは最もリラックスしやすい時間帯ということもありますし、夜という暗さもあり人間の脳波がベータ波という緊張の状態から最も離れやすいからということです。

 

ベータ波というのは仕事モード、家事モードというようにせわしなく何か作業したり、決断するというモードなので潜在意識の書き換えには最も適さない時間となります。

 

劇的に潜在意識の書き換えによって顔を変える効果をアップさせる環境を用意する

 

上のほうで潜在意識の書き換えによって顔を変える方法をすでに紹介しましたが、それらの方法をしてみても特に効果がなかったというような感想の人も多いのではないでしょうか?

 

これには決定的な理由といっても良いものがあり、それは潜在意識の書き換えをするには不足したパラメーターがあるということです。

 

それは脳波で、シータ波というものすごくレアな脳波です。

 

一般の人であれば睡眠でもなく、それよりも深いまったく夢を見ても覚えられないような脳波の状態がシータ波なのですが、このシータ波のときに潜在意識の器官の箇所が非常に活発になることがわかっています。

 

瞑想を20年以上もしている僧侶の人の脳波測定をすると、一定時間の瞑想で起床中でもこのシータ波という脳波に到達する人もごく少数いることもわかっています。

 

シータ波に到達すると日常の感覚とまったく違ういくつかの特徴がありますが、

 

雑念や疑念が出にくい

 

イメージをしやすくなる

 

想念がストップしやすくなり意識が受動的になる

 

睡眠状態のようであるものの意識の明晰性が高くなる

 

というようになり、受動性というところで外からの情報が非常に入りやすくなるということがいえます。

 

根本的に常時潜在意識とつながっていくには僧侶のように瞑想を何十年も続けないといけませんが、コツコツと修行をするのが苦にならない人は超おすすめしますが、顔を変えたり、願望実現のときにだけシータ波に到達できれば十分という人はシータ波誘導ツールを使うと良いでしょう。

 

30分など一定時間だけシータ波に脳波をスイッチングし、そこでイメージやアファメーションをしてより効果的に顔を変えると良いでしょう。

 

潜在意識の書き換えは実は非常に簡単です。


イメージ、アファメーションをいくらしても書き換えできないのはそのときの脳波に問題がありました。


脳波をシータ波にした状態であれば潜在意識に簡単にアクセスでき、書き換えも行えます。


イメージ、アファメーションでも潜在意識の書き換えの効果が出てこない


引き寄せの効果も出てこない


過去のトラウマ、性格の変更などもできない


というような人におすすめのツールです。



⇒ シークレット・サブリミナルCD


TOPへ