恋愛と潜在意識の書き換え!現実化前の決定的に重要な2つの好転反応とは?

恋愛に関して潜在意識の書き換えをする人はかなり多いといって良いです。

 

お金とともに最も実践者の多いジャンルといっても良いかもしれませんが、まったく効果が出てこないという人も相当多いかもしれません。

 

今回は恋愛の潜在意識の書き換えと、その好転反応について説明をしていきたいと思います。

 

恋愛と潜在意識の書き換え!起きない好転反応とは?

 

潜在意識の書き換えといいますとネガティブな好転反応が起きるというような話を聞いたことのある人は多いのではないでしょうか?

 

たとえば

 

体調面のネガティブな好転反応
・眠気が出る
・だるくなり、無気力になる
・微熱、頭痛、胃痛、腰痛などが出る

 

精神面のネガティブな好転反応
・恐れ、不安、心配などが出てくる
・過去のネガティブな思い、感情が出てくる

 

などですが、結論からいいますと潜在意識の書き換えとは直接関係ありません。

 

これらは潜在意識の書き換えがうまくいっていないか、または思い込みということが大半です。

 

恋愛と潜在意識の書き換えと好転反応!意味付けと情報との決定的な違い

 

世間的には意味付けをするということも非常に多いわけですが、たとえば恋愛で告白しよいうというときに今日信号にかからずに道路を歩ければうまくいくというような形です。

 

これは外の現象をただ意味付けするだけであり、特に未来の情報とリンクしません。

 

潜在意識というのは情報です。

 

それも未来の情報で、意味付けではなく実はすべての未来の情報は今この瞬間にもあなたに届いています。

 

意識が瞑想を20年以上もしていて非常に敏感などという状況であればその情報もキャッチできたり、読むこともできますが、これは意識が意味付けのように考えるのでなくただ受動的に感じられるものです。

 

意味付けは主体的で意識が何かを操作しようとすること

 

潜在意識の情報は受動的に考えずにただ受け取るもの

 

座禅などをしているとこの感覚もよくわかるかと思いますが、恋愛で迷い、潜在意識の書き換えをしていくのであれば、その効果を読むときにはただ黙想をし、未来の情報が届いているのを読むという感覚で検証していきましょう。

 

恋愛と本当の潜在意識の書き換え成功での好転反応

 

潜在意識の書き換えというのは非常に長くかかり、そして効果が出るまでにもすごく長い時間がかかるというように考える人も多いのですが、実は書き換えはほんの一瞬あるいは1時間もあれば可能です。

 

そして効果というのも早ければ即日、翌日、遅くても10日もあれば正しく行えていれば何かの効果は出てくるものです。

 

また潜在意識の書き換えといえば通常ポジティブな方向に行うわけで、起きる好転反応というのも当然ポジティブなものに限られます。

 

気持ちが明るくなり、表情も明るくなる

 

何か新しいことにチャレンジしたくなる

 

顔の肌がつやつやしてくる

 

目の前のことに集中できるようになる

 

交流関係が広がる

 

自分の恋愛がうまくいくという根拠のない強い予感が自然に出てくる

 

自分の恋愛がうまくいくという根拠のない安心感が自然に出てくる

 

特に最後の2つの好転反応は重要です。

 

潜在意識というのは先の未来のおよそ2年分ほどの情報をすでに現在保管している器官です。

 

つまり何かの恋愛のポジティブな出来事が潜在意識で確定していればそれは意識に伝わってきます。

 

そして感情としてくると安心感、情報として伝わると強い予感として感じられます。

 

非常に面白い話ですが、潜在意識の未来という水準で恋愛が現実化すれば、もう不安になったり、心配する必要もないということで安心感という形になります。

 

つまり恋愛について不安や心配を感じている段階ではまず潜在意識の書き換えはできていなくて、恋愛についてポジティブな出来事も確定していないというようにいえます。

 

恋愛と潜在意識の好転反応!執着のなくなる好転反応もかなり重要

 

恋愛の潜在意識の書き換えといいますと最初は当然執着のようなものもあります。

 

復縁であれば相手への執着

 

相手がいなければ恋愛に恋愛をするような感じ

 

潜在意識の書き換えは適格に行えればこのような恋愛での執着は消えていきます。

 

上でも少しいいましたように潜在意識は未来の情報も保管しているので、恋愛の現実化が確定すればこのような執着をする必要性もなくなります。

 

そのため相手や恋愛への強い恋愛感情も自然に薄まっていき、結果として気持ちも楽になってくるというようになります。

 

恋愛と潜在意識の書き換え!なぜ恋愛が現実化しないのか?

 

潜在意識を自分なりに書き換えをしていっても恋愛の効果が一向に出てこないという人は非常に多いと思います。

 

最近は引き寄せの法則もかなり流行したので潜在意識への注目度も劇的に変わったといえますが、現実化できない人には決定的な共通点があります。

 

特に潜在意識の書き換えといいますとイメージ、アファメーション、紙に書くというような方法が多いわけですが、潜在意識というのは事実のみが入り込むようになっています。

 

たとえばここを見ている人でもトラウマというのは1つや2つまずあるはずですが、それを思い出すと強烈な恐れの感情を伴っていることがわかります。

 

つまり事実とは感情とも関係するということです。

 

まずイメージで潜在意識の書き換えができないのはこの意味で当然で、ただの画像データだからです。

 

イメージには感情を含ませないと未来を引き寄せるエネルギーにはなりません。

 

それとともに

 

イメージ、アファメーションで雑念、疑念が出ている

 

どこかで自分には潜在意識の書き換えは無理だと思っているところがある

 

というように意識の集中が大幅に不足していることが決定的な理由といえます。

 

ここについてもう少し説明を加えていきます。

 

恋愛と潜在意識の書き換え!心構えをリアルにして現実化させる

 

潜在意識の書き換えもただイメージをしただけでなく、アファメーションをするだけでなく、それにふさわい感情も発生させないと脳はなかなか騙せません。

 

もし今恋愛で望むことがこの瞬間に叶えばどういう感情が出てくるのかを考えていくと自分なりの脳のだませる感情がわかるはずです。

 

恋愛相手ができたときのうれしさ、感動

 

復縁できたときの安心感、相手への感謝

 

結婚できたときの新しい生活への希望

 

このようなものを本当に今ここに手に入れたかのようなリアルな感情を効果的に使いましょう。

 

潜在意識の書き換えで恋愛に効果がないという人はたいていここまでのことを知りませんし、ましてやろうともしたこともありません。

 

潜在意識の書き換えというのはある種役者よりも役者でないとできないということです。

 

恋愛と潜在意識の書き換え!書き換えでの日常での心の持ち方

 

恋愛での潜在意識の書き換えといいますと、最初は期待して行っていくわけですが、次第に気持ちも変わってきて結果として現実化の前に多くの人が挫折していきます。

 

最初は何か恋愛の進展があるかもと期待しつつ行える

 

来る日も来る日も書き換えをしても効果が出ない

 

だんだんと書き換えの作業に疲れてくる

 

効果なしと心がどこかで折れて挫折する

 

とたいていはこのようなパターンで途中でやめてしまいます。

 

実は潜在意識の書き換えというのは本物の方法を行うとたった1回行うだけできっちりと効果が出るので、何回も何回もというようにする必要もありません。

 

しかし不足するものが多すぎて何回も、人によっては数ヶ月も1年も続けなければいけません。

 

潜在意識の書き換えにおける決定的なものは脳波にありますが、脳波の後述する環境を整えない人の場合には潜在意識の書き換えへの心の持ち方も非常に重要です。

 

書き換えが効果的に行えないのであればどうしても回数が必要となるので、

 

特に効果も期待せずに事務作業のように書き換えをする

 

書き換え中だけ感情も入れて役者のように行う

 

書き換え作業を終えれば一瞬で作業のことを忘れる

 

もちろん日常でも好転を一切期待もしない、意識もしない

 

またその日に帰宅してただの作業のように行う

 

というように気持ちの上下をなくしてただ続けるというようにしましょう。

 

挫折する人の大半は効果を変に期待しすぎなところがあります。

 

人並み外れた集中能力がなければそう簡単に効果は出てこないので、むしろ効果をまったく無視する程度のほうが良いかと思います。

 

恋愛の潜在意識の書き換え!好転反応が出る確率の高い環境を用意しよう

 

潜在意識というのは科学的に見れば自我意識のある大脳とは別の器官にあります。

 

もちろん顕在意識と潜在意識とは連動していますが、起床時と睡眠時とで潜在意識の箇所の脳波が変わります。

 

人は夢を睡眠中に見ますが、この夢は2種類に分けることができ、

 

日常的に考えたことが夢になる

 

まったく考えていないことが夢に出る

 

1つめは妄想というもので、これは夢として出てくると実際に付き合いのある人や場所などが出てきますが、これは潜在意識とは直接関係ありません。

 

しかし2つめの夢は潜在意識由来のものである可能性が出てきます。

 

たとえば行ったことのない場所が出てくる、そして起床後にすぐに忘れてしまうような夢、そしてまったく記憶できないような夢というようなものがあります。

 

潜在意識の器官が睡眠でもなく、完全な熟睡の状態になると脳波がシータ波という非常にレアな水準になり、潜在意識のある箇所が非常に活発に作動することがわかっています。

 

潜在意識の書き換えをするという人も熟睡中にできるはずもなく、通常起床時にいきなりはじめるわけでアルファ波でさえもなくベータ波のまま行います。

 

この状態では潜在意識との通信が非常に難しく、この脳波の問題で潜在意識の書き換えができていないという人もほぼ全員といって良いほどに存在する問題でもあります。

 

つまりなにが言いたいのかといいますと潜在意識の書き換えをするのであれば脳波をシータ波にしてから行うほうが願望実現もはるかにやりやすくなるということです。

 

瞑想を20年以上もしている僧侶の人の脳波は瞑想中にすぐにシータ波になりますが、瞑想をしていないときにはシータ波誘導ツールを使うと良いでしょう。

 

しばらく待つとシータ波に到達するので、その熟睡のような状態で意識だけ覚醒させ、イメージやアファメーションをすると潜在意識にアクセスするのがかなりやりやすくなります。

 

シータ波になると雑念や疑念も出にくくもなり、この点でもシータ波というのは効果的な脳の環境といえるかと思います。

 

潜在意識の書き換えは実は非常に簡単です。


イメージ、アファメーションをいくらしても書き換えできないのはそのときの脳波に問題がありました。


脳波をシータ波にした状態であれば潜在意識に簡単にアクセスでき、書き換えも行えます。


イメージ、アファメーションでも潜在意識の書き換えの効果が出てこない


引き寄せの効果も出てこない


過去のトラウマ、性格の変更などもできない


というような人におすすめのツールです。



⇒ シークレット・サブリミナルCD


TOPへ