簡単!潜在意識の書き換え方法

潜在意識の書き換えはその目的がいくつかありますが、なかなかうまくいかないというような人も多いのではないでしょうか?

 

潜在意識は大きな役割を持つ脳にある器官で、運を良くするというようにいわれることもありますが、実際の理論ではどのようになっているのかについても解説していきます。

 

潜在意識の書き換えでのメリットとは?

 

潜在意識というのは自我意識のある大脳とは別の場所にある意識です。

 

自我意識とは別の器官にあるということでもう1つの意識、潜在意識といわれたり無意識といわれたりもします。

 

この潜在意識にはいくつかの特徴がありますが、

 

自我意識よりも脳のしわの数からすると高度な器官にあるといえる

 

記憶機能があり、意識の動きを記録する

 

基本的に保存や維持という方向性にあり、変化をあまり好まない

 

人、物と接触するときに意識よりも相当先に作動する

 

2年ほど先の未来の情報も保管している

 

というのはかなり重要な性質といっても良いかと思います。

 

記録、保存、維持という方向性があり、意識を先導するというような性質もあることがわかります。

 

潜在意識の書き換えでは通常すべての情報をクレンジングすると性格が大幅に変わるので、通常は特定の思考形態やトラウマなどという箇所だけをクリーニングするようにします。

 

このように潜在意識の書き換えをすることで得られるメリットというのは

 

潜在意識の記録能力がアップする

 

自分の性格、思考形態を変更できる

 

未来情報をきれいにし運を良くすることもできる

 

というようなところが大きなところではないかと思います。

 

あなたの潜在意識の状況を一瞬で感じる方法

 

潜在意識について理論などややこしい話は別にして少しあなたの潜在意識を確認してみましょう。

 

ネットでも良いので異性の顔社員を眺めてみましょう。

 

すると好印象の異性、好きではない異性というように根拠なく分かれるかと思います。

 

その根拠があなたの潜在意識です。

 

自分では絶対に美人、美男と思っていてもそこには何の根拠もないわけですが、それを判断するのがあなたの潜在意識です。

 

そして潜在意識はあなたの意識よりも相当な速度で先回りしてあなたの判断をサポートしていますので、よほど繊細な人でなければ潜在意識の動きは把握できないはずです。

 

そしてその潜在意識がなぜその異性に特定の印象を出してくるのかというのはあなたの過去の記憶や体験に根拠があります。

 

ざっくりといえばそのタイプの異性と似た女性を見てどこかで美人、美男と思った体験があったり、優しくされたりした記憶がどの時点かであったというだけです。

 

潜在意識の書き換えというのはその過去のクリーニングをするということになります。

 

潜在意識の書き換え方法にはどのようなものがあるのか?

 

潜在意識の書き換えといいますとイメージ、アファメーション、紙に書くというような方法を使うことが多いのですが、潜在意識というのはどのようなものを使うとアクセスしやすいのでしょうか?

 

これは脳波測定をした上で検証するとすぐにわかるのですが、

 

 

画像

 

言葉

 

感情

 

このようなもので潜在意識にはアクセスすることができます。

 

イメージといいますと画像、アファメーションといいますと言葉や音や感情ということで方法論としてはまったく正しいことがわかります。

 

ではなぜ引き寄せの法則などで潜在意識の書き換えをすることができない人が出てくるのでしょうか?

 

潜在意識の書き換えと自己暗示の危険性

 

昔から自己暗示というのはよく使われる手法ですが、あまり良い方法ではありません。

 

自己暗示というのはそもそもが強迫的であり、潜在意識にアクセスを本当にできたりして自己暗示をしていくとその強迫的な情報が入り込むようになります。

 

目標達成を強迫的に刷り込むようになる

 

それをしなければ危険なように思えてきてしまう

 

達成できないときには自分に存在理由がないと思えてしまう

 

というように自分を追い詰めてしまう危険な手法といって良いです。

 

潜在意識というのは事実を保存するという意味もありますが、〇〇になるというような形でなく事実的に〇〇であるというようにさも事実であるというように情報の書き込みをしなければいけません。

 

潜在意識の書き換え方法が難しいといわれる本当の理由

 

潜在意識にアクセスする最大のポイントは集中です。

 

それも半端な集中ではなく、その場に誰かが来ても気づかないほどの集中能力はあったほうが良いです。

 

集中力というのも脳波測定をするとすぐにわかりますが、脳波が特別な領域にまで到達しなければいけません。

 

通常の人の脳波といえば、日常はベータ波、リラックス音楽などをしばらく聴くとようやくアルファ波という状態ですが、潜在意識へのアクセス、そして書き換えとなるとシータ波にしなければいけません。

 

シータ波といいますと通常の人であれば睡眠でもなく、熟睡といったごく限られた時間にしか到達はしません。

 

そのため潜在意識の書き換えが難しいといわれています。

 

たとえば潜在意識の書き換え方法で効果を著しく損なうものとしては

 

イメージ、アファメーション中に雑念が出てしまう

 

イメージ、アファメーション中にどこかで自分にはそれが実現しないと考えてしまう

 

というような集中能力がないことによる共通点があります。

 

瞑想を10年以上もしている僧侶の方の脳波では少し集中をしてもらうとすぐに脳波がシータ波に到達し、そこでも覚醒した状態でイメージやアファメーションを行えるので比較的簡単に潜在意識の書き換えを行えるというわけです。

 

潜在意識の書き換えができたかどうかを簡単にチェックする方法

 

すでにここを見ている人で潜在意識の書き換えをしているという人も多いかもしれません。

 

あなたの方法でも良いので、何かのたとえば潜在意識の書き換えをしてみてください。

 

たとえば金運アップでやってみましょう。

 

その後しばらくして「金運が上がる」と意識して考えてみてください。

 

すると自分の内部の想念が出てくるはずです。

 

たとえば無理かも、そんなことないと思えるようであればその潜在意識の書き換えにはあまり効果はないです。

 

このようにして潜在意識の書き換えというのはほんの数分もあれば方法が正しいかどうかを簡単にチェックすることができます。

 

潜在意識の書き換えに効果がないといわれる本当の理由とは?

 

このように集中力のない人の場合、イメージやアファメーションを何度しても潜在意識の書き換え効果を感じられないということは非常に多いという状況になっています。

 

そのためにネット上でも

 

潜在意識の書き換えに効果はない

 

イメージなどをしても無駄

 

というようにいわれるわけです。

 

潜在意識の書き換えには効果的な方法を採用するとともに、能力の程度にもよりますが持続性も絶対に必要といえます。

 

特に集中力のない人の場合には何万回もアファメーションを行うというような覚悟も必要となってきます。
それがどうしても無理であればやはりツールを使うほうが良いかと思います。

 

潜在意識の安易な書き換えは危険?書き換え方法でやってはいけないものとは?

 

要するにシータ波に移行させれば潜在意識にアクセスでき、同時に書き換えもできるというわけです。

 

シータ波に移行できればある種熟睡中のように意識は半分睡眠状態のようにただ受容性があるのみとなります。

 

つまりブロックもなくただ音源などを受け入れるようになるわけで、シータ波移行のプログラムがどのような内容のものであるかが非常に決定的ということになります。

 

潜在意識の書き換えを激しくすると性格や記憶に矛盾が出てくることもある

 

科学的な理論に沿った書き換えをするほうが無難

 

ということで、シータ波移行、そして潜在意識の書き換えのツールといえばいくつかあるかと思いますが、すべてにポジティブな効果があるだけというわけではないともいえます。

 

たとえばサブリミナル効果を悪質に使うと特定の企業広告を潜在意識に入れてしまうことも可能なわけで、プログラムは安全なものにするべきだと思います。

 

潜在意識の書き換えにかかる時間はどの程度?

 

潜在意識といいますと上でもいいましたようにこの人生のすべての記憶や体験も蓄積されているので、その書き換えとなると相当時間がかかるというように誤解している人もいますが、正しく行えばほんの一瞬で行えます。

 

なぜか巷では数日かかるというようにいわれることが多いのですが、それは方法が弱いか正しくない可能性があります。

 

潜在意識にはあくまでも情報しかない

 

情報の正体は神経ネットワーク、電気信号

 

特定の信号を流せれば神経ネットワークはすぐに変わる

 

低周波電気治療器のように患部がすでに痛みがあり、そこに当てていくのであれば何度も当てていかないといけないかもしれません。

 

それは痛みがすでに現実化していて粒子となっているからです。

 

しかし潜在意識というのは情報にすぎず、まだ現実化していないわけです。

 

そのため変更というのはほとんどの人が考えているよりも実ははるかに容易で、1度電気信号を流すだけで劇的に書き換えできるということもかなり多いのです。

 

潜在意識の書き換え方法でネガティブな好転反応は出るのか?

 

潜在意識の書き換えとなるとこれも非常によくいわれるのがネガティブな好転反応が出るということです。

 

体調面のネガティブな好転反応
・ダルさが出る、無気力になる
・微熱、胃痛、頭痛
・眠くなる、吐き気が出る

 

精神面のネガティブな好転反応
・恐れ、不安、心配が出る
・自分の過去のネガティブな感情、思いが出る

 

これらは非常になぜかよくいわれるのですが、結論からいいますと根拠はありません。

 

まず潜在意識の書き換えというのは時間はかかりませんので、好転反応が出る暇もないということです。

 

そして潜在意識の書き換えといいますと通常はポジティブな方向性になるので、起きる好転反応というのは基本的にすべてポジティブなものに限られます。

 

潜在意識の書き換えによって出てくる本当の好転反応とは?

 

では潜在意識の書き換えを正しく、効果的に行えばどのような好転反応といいますか、変化が出てくるでしょうか?

 

気分が明るくなる、顔の表情も明るくなる

 

顔の肌がつやつやになり、化粧乗りも良くなる

 

新しいことにチャレンジしたくなる

 

交友関係も広がる

 

目の前のことに集中できるようになる

 

仕事などの能力もアップする

 

安心感、幸福感などポジティブな感情が自然に出てくる

 

潜在意識がきれいになっていくと、人間は潜在意識で最も最初に人や物と接触していくので変な苦手意識がなくなったり、汚れによってうまくいかないということが減っていきます。

 

そして意識にも明るい潜在意識の情報が届くようになるので、気持ちも明るくなり、新しい交友関係も広がるようになります。

 

潜在意識の汚れがなくなることで仕事の能力なども上がり、そして汚れがなくなることで未来にも希望が持てるようになり安心感や充実感なども自然と力まずに出てくるようになります。

 

結果として潜在意識の書き換えに本当に成功すれば運や巡りも良くなるということがいえるかと思います。

 

潜在意識の書き換え方法!最も簡単に今すぐに行える方法とは?

 

通常仕事もしていかないといけませんし、10年も20年も瞑想の毎日するのは無理というような状態の人も多いかもしれません。

 

この場合はツールを使い、強制的にツールによって潜在意識の書き換えをするときにだけ脳波をシータ波に移行させてもらえば良いでしょう。

 

この方法であれば特別な能力がなくても比較的簡単に潜在意識の書き換えは行えるかと思います。

 

潜在意識の書き換えは実は非常に簡単です。


イメージ、アファメーションをいくらしても書き換えできないのはそのときの脳波に問題がありました。


脳波をシータ波にした状態であれば潜在意識に簡単にアクセスでき、書き換えも行えます。


イメージ、アファメーションでも潜在意識の書き換えの効果が出てこない


引き寄せの効果も出てこない


過去のトラウマ、性格の変更などもできない


というような人におすすめのツールです。



⇒ シークレット・サブリミナルCD


TOPへ